シェア

20マイルは何キロメートル?

 
投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 20 1月 2017
20マイルは何キロメートル?

わたしたち日本人の生活の中で「マイル」というのはあまり聞きなれないので、マイルで表されるとあまりピンと来ないかもしません。某テーマパークのアトラクション名にも含まれているので、その単位には興味を持つ人は多くいると思います。距離をあらわす言葉で、陸海ともにつかわれますが、実は海と陸で距離が違うらしいのです。計算方法だけでなく、マイルが使われはじめた背景や、少しおもしろい豆知識などお届けしていきたいと思います。

他にも海外の計量単位の記事も併せてお読みください。

参照元:reference.com

こちらもオススメ: 1フィートは何メートル?

マイルには種類があった?!

マイルは長さを表す単位として知られていますが、実はマイルには種類があったのはご存知でしょうか?2つのマイルが存在しています。「陸マイル」「海マイル」という2種類です。2つは、どのような違いがあるのでしょうか?後で触れますが、実は距離からして違います。

陸マイル

もともとの語源は、古代ローマにいたります。この時代に長さを測る際に、人間の歩みを基準に長さを測っていました。この1歩を基準として、1000倍したものを「ミリアリウム(Miliarium)」と呼ばれるようになり、それがマイル(Mile)になったようです。一歩分の一複歩をパッスス(passus)と呼びますが、約147.9センチです。これを1,000倍したもの、という計算ですが、そうなると1,479メートルですね?実は現在の陸マイルは、これではなく「1,609メートル」が使われているのですが、なぜかどこかのタイミングで変わってしまったようです。

海マイル

これは、陸マイルとは、元になっているものが違います。海マイルの元になっているのは緯度です。緯度1分=約1,852メートルです。このような経緯で、国際海里(International nautical mile)は1,852メートルに決められています。

※緯度1分の計算の方法

地球の1周分の長さ=約4万キロを、1周360度で考えます。1度は60分なので、これを360度分にすると21,600分になります。その後、地球1周分4万キロを21,600分で割ると、1分あたり「約1,852メートル」が算出できます。海を航行する船は、海図というものを使って海原を航海します。海図というのは、経度と緯度で表記されているために、海マイルが使われるようになったのでしょう。

マイルが使われる場面

陸マイルと海マイルが存在しているとわかったところで、この2つは実際どういった場面で使われているのでしょうか?

①陸マイル

単純に「マイル」というと、陸マイルのことをさします。

②海マイル

前述で、「マイル」といえば陸マイル!と言いましたが、飛行機が使うのは海マイルです。なので、マイレージをためるときに使うマイルも、海マイルが基準になって使われています。

現在このように、船や飛行機では距離を表すのに海マイルを使っていますが、この海マイルを移動する速度をノットで表しています。1時間に1マイル進む速度を1ノットとあらわします。

例えば、20ノットで航行できる船の場合、1時間に約37キロメートル進むことになります。(1,852m×20ノット=37,04㎞)つまり、ノットを計算したいときは、1.85倍すれば、おおよその時速が分かることになりますね。

結局20マイルって何キロ?計算方法とは?

というのことで、20マイルはどのくらいになるかというと、陸マイルと海マイルと異なってきますね。

①陸マイルの場合

1マイル=1,609メートル × 20 =約 32 キロメートル

②海マイルの場合

1マイル=1,852メートル × 20 =約37キロメートル

まとめ

マイルは1種類じゃなかったことは少し驚きだったでしょうか?飛行機に乗るときは、「海マイルなんだな~」としみじみ思ってしまうかもしれませんね。

参照元:sabusinessindex.co.za

20マイルは何キロメートル? - まとめ

20マイルは何キロメートル?と関連した記事をチェックしたい場合は、学習のジャンルから探すことができます。

20マイルは何キロメートル?に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

20マイルは何キロメートル?
21
20マイルは何キロメートル?

トップに戻る