menu
シェア

三角形の角度を計算する方法

投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
三角形の角度を計算する方法

三角形には3つの角があります。もし3つが同じ角なら、それは全て 60度です。もし1つの角が 90度、つまりL字型をしていたら、それは直角三角形です。計算して角を求めることができるのです。こちらでは角度の計算について解説します。

こちらもオススメ: 1マイルは何キロメートル?
従う手順:
1

三角形の内角の和は180度ですから、1つが直角だったら、残り2つの角度は足して90度ということです。例えば2つの角は 55 度と 25度などです。

2

このようにして2つの角度を足すことでもう1つの角度もわかります。例えば2つの角が55と25度だったら

  • 55 + 25 = 80と足します。
3

それを180度から引きます。 180-80 = 100 度。

このようにして、残りの角は 100度とわかるのです。

三角形の角度を計算する方法 - ステップ3
4

ここにほかの例もあげておきましょう。

こちらの絵のように2つの角度が 125 と30度とわかっているとき、まずは2つを足します。

125+30= 155

そのあと 180から引くと残りの角がわかります。

180-155= 25度

三角形の角度を計算する方法 - ステップ4
5

また2つの角度が同じで1つの角度が違うとき、二等辺三角形といいます。

  • 1つの違う角がわかれば、残りの2つもわかります。まず180からわかっている一つの角を引きます。 180º - 40º = 140º それから割ります。140º ÷ 2= 70º  これで2つの角は70度とわかりました。
  • もし2つの同じ角がわかっていたら、それをまず足します。 35º+35º= 70º これを180から引きます。180º - 70º= 110º これでできました。
三角形の角度を計算する方法 - ステップ5
6

こちらの記事も参考にしてください。

三角形の角度を計算する方法と関連した記事をチェックしたい場合は、学習のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • 三角形の内角の和は180度です。

の記事にコメントを書く

あなたは記事をどう思いましたか?

三角形の角度を計算する方法
41
三角形の角度を計算する方法

トップに戻る