シェア
シェア:

ベジタリアンとビーガンの違いとは?

ベジタリアンとビーガンの違いとは?

皆さん、一度はビーガンという言葉を聞いたことがあると思いますし、もしかしたら自分はビーガンですと言う人に会ったことがあるかもしれませんね。でもビーガンとはどういう意味でしょう。ベジタリアンと同じではないの? と思うかもしれませんが、違います。ベジタリアンの人とは食べる食材のタイプが違うんですね。また、ベジタリアンの人達の中でも、食べるものによって様々なタイプに分かれています。ここでは皆さんに、ベジタリアンとビーガンの違いを説明します。

ベジタリアンってなに?

ベジタリアンとは、肉、魚を含まない食事をする人のことです。ただし、動物の死を伴わない食材、例えば卵や乳製品は摂取する、というベジタリアンもいます。

ベジタリアニズムのいろいろ

ベジタリアンの人は食べるものによって次のような区別をすることができます。

・ ラクト・オボ・ベジタリアン … 卵と乳製品は食べる。

・ ラクト・ベジタリアン … 乳製品は食べる。

・ ストリクト・ベジタリアン … 卵と乳製品は食べず、野菜のみ食べる。

・ ビーガン … 動物から生産されるものは一切食べない。

ビーガンとは?

ビーガンとは、動物・魚及びそれらから生産される食べ物を一切食べない人のことです。つまり、肉、魚のほか、乳製品、卵、バター、蜂蜜なども食べないということです。

ビーガンの人が食べるものは、基本的に、野菜、フルーツ、穀物、豆、ナッツ、その他植物や野菜から生産される食品です。

ベジタリアンとビーガンの違いとは?と関連した記事をチェックしたい場合は、学習のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

ベジタリアンとビーガンの違いとは?に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

ベジタリアンとビーガンの違いとは?
ベジタリアンとビーガンの違いとは?