シェア

クラスで使えるプレゼンのテクニックと話し方

クラスで使えるプレゼンのテクニックと話し方

プレゼンはあるテーマについてみんなの前で話すことです。たくさん練習してから本番に望むのがいい方法です。こちらではクラスでプレゼンを上手にする方法をお話します。

従う手順:
1

プレゼンの準備をしっかりしましょう。準備をしなかったら、もちろん上手に話せないでしょう。まずは何について話すのかきめ、そのテーマについて準備をちゃんとすることです。

2

話す台本を作りましょう。プレゼン中に、話す内容を忘れないようにメモしておきましょう。例えば難しいデータの説明を省いたり、聞く人が興味がありそうな説明を入れたりと準備をすることが大切です。

3

緊張しすぎないようにしましょう。いつも通り話せばいいのです。聞いている人に分かりにくいので、難しい表現は避けましょう。聞き手に分かりやすい方法で伝えるようにしましょう。こちらではどのように聞き手と交流したらいいかを説明しています。

4

絵などを効果的に使いましょう。言葉を沢山並べるより絵一つでわかりやすく説明することができます。写真や図、地図、絵などを使いましょう。でもしっかりと説明もつけることを忘れずに。

5

プレゼンの間、手を動かして説明しましょう。指差したり、比較したり、効果的に手を動かすといいでしょう。ジェスチャーはプレゼンでは効果的です。またいつも同じ場所を見るのではなく、部屋全体を見渡すようにしましょう。人の目を見て話すのは大切です。

6

大きな声で話しましょう。鏡の前で練習したり、家族や友達に聞いてもらったりして、練習するといいでしょう。PCなどで、自分のプレゼンを録音、録画したりするのもいいですね。それで自分の弱点を見つけられるからです。

7

あとはプレゼンを楽しみましょう。これだけ準備して努力してきたので大丈夫でしょう。勉強して準備してきたので、うまく皆さんに伝えられると思います。プレゼンの最後には聞き手からの質問に落ち着いて答えましょう。

8

こちらでは上手なプレゼンする人になれるヒントを紹介しています。ご覧ください。

クラスで使えるプレゼンのテクニックと話し方と関連した記事をチェックしたい場合は、学習のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • 聞き手は優しい人だと思い、心配しないでください。落ち着いてプレゼンに望んでください。

クラスで使えるプレゼンのテクニックと話し方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

クラスで使えるプレゼンのテクニックと話し方
クラスで使えるプレゼンのテクニックと話し方
トップに戻る