シェア

いつがいい?入院した上司へのお見舞いのタイミング

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
いつがいい?入院した上司へのお見舞いのタイミング

あなたの友達や親戚などが急に入院してしまったという経験はないでしょうか。その入院が病気にしろ、事故にしろ、当人にとってはとっても深刻なことでしょう。それが友達や親戚ではなく上司が入院してしまったという経験の方もいることでしょう。それは大変ですね。毎日仕事で顔を合わせていた大切な上司が入院してしまったらそれは一大事です。そんな時、もちろんお見舞いに行ってあげたいですよね。しかしあなたも仕事をしていることでしょうからお見舞いに行くと言ってもなかなか時間が取れないのではないでしょうか。行こうと思ってもいつお見舞いに行くのがいいのでしょうか。だって時間によっては迷惑な時間というのもあるでしょう。ですから相手の都合のいい時に行ってあげたいですよね。そこでこちらの記事では入院した上司へのお見舞いのタイミングについて簡単に説明しています。興味がある人は是非読んでみてください。また今は上司が健康そのものでも、あなたの上司が急に交通事故か何かで入院することもあるかもしれません。

画像:http://www.hospital.shinshiro.aichi.jp/index.cfm/6,0,34,96,html

手術前後はダメ

いつお見舞いに行ったらいいのか悩むところですよね。私もそんな経験がありますからよくわかります。まずは避けておくべき時期をお知らせしましょう。それは手術の前後です。もちろん本人の体調にもよりますが、手術前は色々な検査があり忙しいかもしれないし、何より精神的に緊張していて辛い時期でしょうから手術前は避けてください。それから体力のことを考えたら手術後もお見舞いに行くべきではないです。手術後は体力がなくまだ元気がないし、誰だってそんなみすぼらしい自分の姿を部下に見せたくないものです。部下の前では誰もが仕事ができる、かっこいい、強い上司でいたいですよね。ですから手術後も避けてください。

手術前後を避けるということはいつ手術をするのかあなたが知っていないといけませんね。ですから上司と連絡をとっていつ手術か聞いておきましょう。また突然、お見舞いに行くのではなく、「いついつに行きますがいいでしょうか」と都合を事前に聞いておくのが常識です。そうじゃないと検査をしていて病室にいないかもしれないし、はたまた、上司の家族や親戚が面会に来ている時間と運悪くかぶってしまうかもしれないからです。入院している当の本人は暇そうでも、実は全然暇じゃないんですよ。もちろんどんな病気でどのくらいの期間入院しているかによってもその忙しさは変わってきますが、面会時間を調べて、いつ行くのがいいか当人に相談してみましょう。

午後

入院したことがある人ならわかると思いますが、入院していると病院は朝に色々な検査があってとっても忙しいんです。熱を測ったり脈を測ったり血圧を測ったり、看護師が病室に入れ替わり立ち代わり入ってきたり医者の問診があったりと忙しいので午前はお見舞いに行くべきではありません。

じゃ、午後のいついけばいいのでしょうか。まずお食事時間は避けるべきです。食事時間も病院によってまちまちなので何とも言えませんが普通に考えて12-1時と6-7時くらいは避けてお見舞いに行くのがいいでしょう。つまり夕方ごろお見舞いに行くのが一番ベストと言えると思います。

頻度

そのお見舞いもどのくらい頻繁に行くのがいいのでしょうか。短期の入院なら1度行けば十分でしょう。あなたがお見舞いに行かなくても家族が付き添っていたりしてそんなに寂しくないと思いますし、何より上司だって部下が見えるとなれば、意外と神経を使うものです。病人にそんなに神経を使わせては疲れてしまいますから、短期入院の場合はお見舞いに行くのは1度、せいぜい多くても2度で十分でしょう。

しかしながら長期入院になると話は別です。長期ならそんなに検査が毎日あったりするわけではなく多少暇をしていることも考えられます。ですからそういう上司に対しては3日に1度くらい顔を見せてあげるのがいいのではないでしょうか。その場合毎回お見舞いのプレゼントを持っていく必要はありません。1回目の面会の時だけで十分だと思いますよ。

滞在時間

お見舞いに行った時、では病室でどのくらいお話するのがいいのでしょうか。お勧めなのは20分から40分くらいでしょう。もちろんそれは本人の体調や体力にもよるのですがあんまり長居されては病人は疲れてしまいますから、せいぜい長くても40分くらいたったら失礼しましょう。

顔を見せることが大切なのですから30分もいれば十分と考える人もいます。それはそうでしょう。私たち健康なものにとっての30分と病人にとっての30分は違うのですから、相手は体力がなく弱っていることを気遣ってあげましょう。

言葉

お見舞いでお話をしますね。その時どんな言葉をかけてあげればいいのでしょうか。これはちょっと困って悩んでしまう大人もいるのではないでしょうか。だって入院した上司を見るのはおそらく皆さん初めてのことでしょうから、その上司にどんな言葉をかけてあげればいいのか、難しくて悩むのも当然です。

その時、当然ですがネガティブな言葉を言ってはいけません。入院したら誰もが自分を責めて落ち込むでしょう。そんな時にさらにネガティブな言葉をかけては失礼です。ですからなるべく明るくポジティブで励ますような言葉を選びましょう。

また相手は会社の上司なわけですから仕事の話は当然多少しますね。その時「上司がいなくてもしっかりミスなくやっているし大丈夫ですよ。安心してください。上司は治療に専念してください。」というメッセージを残して不安にさせないことは大切です。でもそれと同時に「やっぱりこの会社には上司は絶対必要です。早く元気になって戻ってきてください。」というメッセージも添えると相手は喜んでくれると思いますよ。

まとめ

以上のように入院した上司へのお見舞いのタイミングを簡潔に説明してきましたがいかがだったでしょうか。残念ながら人間、いつ急に入院してしまうか分かりませんね。ですから万が一のために常に備えておくことは大切です。お見舞いのタイミングを知っておいて決して損ではないでしょう。

あなたの友達や家族、周りの人で、入院した上司へのお見舞いのタイミングが分からず困っている人がいたらこちらの記事を紹介してあげてください。きっとお役に立てて、喜ばれると思いますよ。

いつがいい?入院した上司へのお見舞いのタイミングと関連した記事をチェックしたい場合は、カルチャーのジャンルから探すことができます。

いつがいい?入院した上司へのお見舞いのタイミングに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

いつがいい?入院した上司へのお見舞いのタイミング
いつがいい?入院した上司へのお見舞いのタイミング

トップに戻る