シェア
シェア:

Vプリカの買い方と使い方

Vプリカの買い方と使い方

今やすっかり定着したネットショッピング。でも支払いの時困ったことはありませんか?クレジットカードを持っていないのに、もしくは持ちたくない方や持てない方もいるのに、カード払いのみOKだったり、あっても選択肢が手数料が高い代引きとの2択だったり。または安全性に欠ける海外サイトで買い物をするときクレジットカード情報を教えたくなかったり。こんな時に便利なのが「Vプリカ」。「Vプリカ」はWeb上の専用ページでカード番号とセキュリティコードを発行してくれるバーチャルプリペイドカードです。ここではVプリカの魅力や買い方、使い方それからデメリットについても解説します。

従う手順:
1

【ダイジェスト版】Vプリカの魅力

  • 18歳以上なら審査も本人確認もいらずにすぐ使える
  • VISAが使えるところならネットショッピングやスマホアプリ課金など様々な用途に使える
  • カード番号が使いきりなので海外のサイトでの利用も安心

いかがでしょう。「これは使える!」と思った方、ぜひこの記事を読んでみてください。それではまず買い方から。

2

Vプリカの買い方

買い方は2通りでコンビニの端末もしくはWeb上で購入できます。まずは無料アカウントを開設します。

1)Vプリカの公式ホームページから「Myページ登録へ」をクリックすると下記の画面が出てきます。

Vプリカホームページ

URL:http://vpc.lifecard.co.jp/ad2/

3

チェックボックスをクリックすると赤いラインが消えます。

4

メールアドレスを入力

5

事前登録が完了しました。本登録用にメールが来ているのでメールをチェックします。

6

URLをクリックして本登録画面へ。

7

氏名などの個人情報の入力やパスワードの設定をします。

8

入力を確認して登録は終了です。

9

【コンビニの端末で購入する場合】

1) 500円券から3万円券までが売られているので必要な分だけ購入します。

2) レジで支払いを済ませ、発行コードを受け取ります。

3) MyページTOPから「コード入力」をクリック。

10

4) コンビニで受け取った発行コードを入力する。

11

5) 金額とデザイン、カード名(使い分ける場合便利)を入力。

6) Vプリカが発行されます。

12

【インターネットで購入する場合】

1) Web上でアカウントを開設後、MyページTOPから「Vプリカ購入」をクリック。

2) 金額やカードのデザインを選択し、カード名を入力します。

13

3) 支払い方法は、クレジットカードやインターネットバンキング、お店(WonderGOO、ネットカフェ)で買う、またはポイントや電子マネーと交換するなどがあります。

4) Vプリカが発行されます。

14

●Vプリカの使い方

1.手数料をカットして使う

ネットショッピングをしていて欲しいものがあってもクレジットカードがないと、銀行振込か代引きかを選ばなくてはならず、手数料がかかってしまいます。でもVプリカがあればその手数料も必要ありません。

2.入金した金額だけで上手にやりくり

使いすぎなどが心配でクレジットカードを持ってない方でも、Vプリカ1枚でお小遣いを管理すれば、現金と同じで残金が確認できるのでクレジットカードのように使いすぎることもありません。

3.秘密の買い物に使う

家族には知られたくないけど、どうしても欲しいものがあるとき、明細も手数料もナシで買い物ができます。4.安全に使う

海外のネットゲームやショッピングサイトのような安全性に欠けるサイトでも、入金した額をすべて使ったらカード番号も自動的に無効になるので、悪用されても最小限の被害で済みます。

5.複数枚所持して使い分ける

残額のあるVプリカは最高10枚まで持てるので、複数枚を用途に分けて使うことが出来ます。なお最高10万円の買い物が可能です。

6.たくさんあるプリペイドカードを1枚にする

有料アプリや楽曲などの少額のものをネット購入するために、Google playやiTunesストアをはじめ、たくさんの種類のプリペイドカードを使っている方も結構多いのではないでしょうか。もし管理が大変なら、Vプリカ1枚に集約することが出来ます。

●Vプリカのデメリット

1.購入のたびに購入手数料がかかる

購入手数料ですが、ネットからの購入は一律200円、コンビニ端末からの購入は200円から390円かかります。

ただし、ライフカードで決済すると手数料は無料です。またライフカードで貯めたポイントはVプリカに交換できます。ライフカードといえば誕生月のポイントが5倍になることでも有名ですが、2016年5月6日現在、ライフカード申し込みと翌月末までのカード発行でVプリカ1,000円分プレゼント&入会後利用数ると最大6,000円相当(1,200ポイント)プレゼント、といったキャンペーンも行われています。下記サイトから詳細を確認することが出来ます。興味がある方はどうぞ。

<URL>http://www.lifecard.co.jp/card/campaign/ol_nyukai/vpc/1604_1/

2.月額・継続料金の支払いができない

残念ながら公共料金等や電話料金といった毎月継続的に支払いが発生するものには使えません。

3.有効期限がある

”Vプリカの有効期限は、Vプリカ発行日から1年を経過した日を含む月の末日になります。”とのことですので、Vプリカを複数枚持っている方は、期限に注意を払いましょう。

15

まとめ

Vプリカのメリット

  • 緊急の際でもすぐに発行され、その場で使える
  • VISAのクレジットカード同様に使えるので、国内外のWebサイトで使用可能
  • 入金した額全て使い切るとカード番号も自動的に無効になるので、信頼性の高くないサイトでも悪用されにくい
  • 少額決済を1枚で管理できる
  • 最大10枚、10万円まで使用可能

Vプリカのデメリット

  • 購入のたび手数料がかかる
  • 毎月の支払いはできない
  • 有効期限がある

メリット、デメリットを知ったうえで、上手に利用しましょう。

Vプリカの買い方と使い方と関連した記事をチェックしたい場合は、学習のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

Vプリカの買い方と使い方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

Vプリカの買い方と使い方
101
Vプリカの買い方と使い方