シェア

知っておきたい!お世話になった先生への贈り物を選ぶコツ

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
知っておきたい!お世話になった先生への贈り物を選ぶコツ

お世話になった先生へプレゼントや何か贈り物をして感謝の気持ちを伝えたいと考えたことはありませんか。特に最後の授業の日、最後の発表会の日などの節目を利用して、日ごろの感謝の気持ちを伝えたいところですよね。しかしどんなプレゼントをあげたらいいんでしょうか。どんなものが喜ばれるんでしょうか。逆にどんなものを挙げたら困るんでしょうか。どんなものだと迷惑なんでしょうか。そんなお悩みにこちらの記事はお答えします。こちらの記事ではお世話になった先生への贈り物を選ぶコツをご紹介していますので、興味がある方は是非読んでみてください。

画像:mamamaster.com

クラスで先生の発言をよく聞く

クラスで先生は自分のことをよく話すはずです。例えば「コーヒーが好きで毎日飲んでいます」とか「週末、山へ出かけた時きれいな花を見つけて写真を撮りました」とかそんな些細な会話文の中に先生の好きなもの、興味があるもの、先生の趣味などが隠れているんです。この場合だったら、「先生はコーヒーを飲むからコーヒーのマグカップやコーヒー豆をあげてもいいなあ」とか考えられますし、それから「花が好きなんだ。じゃあ花の植木鉢をあげようかな。花の種をあげようかな。それとも写真も好きかもしれないから写真に関連した何かあげられないかな」などと考えることができます。

他人を通して聞く

先生直接には欲しいものを聞くことはできませんが、他人を通して先生が最近欲しがっているものを聞いてリサーチすることはできますよ。ですから他の先生に聞いたり、さりげなく先生に遠まわしに質問するのがいいでしょう。子供の先生にプレゼントをあげることを考えているなら、子供を通して先生が好きなもの、欲しいものを聞いてもいいでしょう。子供なら直接聞いても違和感はないし、違和感があったとしてもかわいいということで流されるでしょう。

先生のFACEBOOKを見てみる

先生とFACEBOOK上で友達になりそこで先生の趣味を探ってみるという手もあります。しかしながら先生がFACEBOOKをやっていない場合もありますし、またやっていたとしても教師と生徒、または生徒の親という立場からFACEBOOK上では友達になりにくいという事情もあることでしょう。または先生によってはFACEBOOKをそんなに読まれるのが好きじゃない、あまり詮索されないでほしいという先生もいることを頭に入れておきましょう。

お花

では具体的にどんなプレゼントが喜ばれるのか教えましょう。お世話になった先生への定番のプレゼントといえばお花と子供たちからのメッセージではないでしょうか。

お花は花束でも鉢植えでも予算に合わせて作って頂くことが出来ます。子供たちから一本ずつ先生への感謝の言葉と共にプレゼントしてもらいそれを花束に仕立ててお持ち帰りいただくなどの演出の工夫もできます。子供たちからのメッセージも工夫次第で色々な形のものが出来ます。定番の色紙や一人一人からのお手紙なども非常に喜ばれます。

写真と色紙

まだまだプレゼントは他にもありますよ。クラス写真をアレンジした物も喜ばれるプレゼントの一つです。男女を問わずプレゼントできるのも魅力です。写真は一枚でも沢山をアレンジしても構いません。

一枚であれば写真立選びにこだわってもよいでしょう。複数の写真を使うなら複数の写真を一枚のポスターに加工して貰えるサービスもお勧めです。写真 を加工してスライドショーを作成し音楽をつけてDVDにするという方法もありますがこれはちょっと準備に時間がかかりますね。写真も工夫次第で思い出に残るプレゼントになります。

それから子供達の手書きのメッセージを色紙に書いて送るというのも昔からの方法ですが先生は気に入ってくれるようです。やはり一人ひとりの顔が思い浮かび先生にとっても一生の思い出になることでしょう。

文房具

写真やお手紙等は思い出に関するプレゼントでしたが先生自身に焦点をあてたプレゼント選びも出来ます。お世話になった先生が日常使われるものを想定してプレゼントを選ぶ方法です。

幼稚園の先生ならエプロンなどの身につけられるものや、珍しい折り紙の本など仕事に役立ちそうな物を考えてみるとよいでしょう。小学校や中学校の先生であればスタンプセットや小物がまとめられる小箱、シールセットなどでもよいでしょう。先生自身が学校で使用されるマグカップや文房具などでもよいでしょう。これなら絶対に使ってもらえるし、もらった側も役立つものですから嬉しいと思います。

石鹸

もっと実用的な話をしましょうか。石鹸、シャンプー、コンディショナーなどこれは絶対毎日、誰もが使うものですね。ですからそれをプレゼントしたら実用的ですよね。このようなものがバスケットに入ってプレゼントセットのように売られていることはよくあります。男性用と女性用があるので選んで買いましょう。特に女性には喜ばれると思います。

まとめ

以上のように先生へのプレゼント選びのコツを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。これであなたも次の先生に渡すものが決められそうですね。気に入ってもらえるようにプレゼント選びの前だけ先生と話すのではなく、日ごろから先生と話して親交を深めておき、また先生の好みも何気なく聞き出しておくといいですね。プレゼント選びも楽しんでください。

知っておきたい!お世話になった先生への贈り物を選ぶコツと関連した記事をチェックしたい場合は、カルチャーのジャンルから探すことができます。

知っておきたい!お世話になった先生への贈り物を選ぶコツに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

知っておきたい!お世話になった先生への贈り物を選ぶコツ
知っておきたい!お世話になった先生への贈り物を選ぶコツ

トップに戻る