menu
シェア

最近よく使われる言葉「タイト」の意味と使い方

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
最近よく使われる言葉「タイト」の意味と使い方

最近よくカタカナ英語(もともと英語の単語が語源になっており、今では日本語でも使われている言葉のことです)が使われていると、よく感じませんか。そのカタカナ日本語の一つに、「タイト」という言葉があります。こちらの記事では、この最近よく使われる言葉「タイト」の意味と使い方をご紹介しています。興味がある方は、是非、この下の記事を読んでみてください。

画像:http://business-textbooks.com/businessword/

従う手順:
1

では、タイトの意味をご説明しましょう。この意味は、「密でぴったり・きつい様」という意味になります。この意味から、以下のような意味を含んでいることも、意味しています。例えば、 「体にぴったりと密着している衣類」 「隙間が無いさま」 「余裕が無くかたいさま」 「ギリギリ・かつかつであるさま」 というような意味で遣われます。本来は「密な」という言葉となります。

2

では次に「タイト」というカタカナ英語の使い方を見てみましょう。使い方は以下のような感じです。

例えば、

・予想以上にタイト化してしまった。

・タイトスカートが似合う女性。

・西日本地域の電力需給がタイトになる。

これが「タイト」を使った正しい例です。

3

カタカナ英語はよく聞きますが、実は正しい使い方がわからないということは、時々あるものです。でもこれで、タイトの使い方はお分かりいただけたのではないでしょうか。正しい言葉を学んで、正しく使っていきたいものですね。

最近よく使われる言葉「タイト」の意味と使い方と関連した記事をチェックしたい場合は、カルチャーのジャンルから探すことができます。

の記事にコメントを書く

あなたは記事をどう思いましたか?
最近よく使われる言葉「タイト」の意味と使い方
最近よく使われる言葉「タイト」の意味と使い方

トップに戻る