シェア

教えて!里帰り出産後の出生届などの手続きと注意点のまとめ

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
教えて!里帰り出産後の出生届などの手続きと注意点のまとめ

女性は出産する時、里帰りをする人が多いですね。それもそのはず、自分の実家に帰ることで色々な利点があるからです。その1つは親が近くにいるので何でも頼みやすいし色々と手伝ってくれますからね。しかし出生届などはやっかいなものです。初めてだとどうやっていいのか分からない人も多いでしょう。出生届以外にも出産手当、母子手帳、児童手当の申し込みなどなど色々とやらなければならない手続きがたくさん、本当にたくさんあるんです。そこでこちらの記事では里帰り出産後の出生届などの手続きと注意点のまとめを説明しますので興味がある人は読んでみてください。きっと役立つ情報がここから得られて、5分後には読んでよかったと感じてもらえると思います。

画像:mamari.jp

出生証明書と母子手帳

ひとまず出産が終わったら病院や産婦人科から退院しますね、その際忘れないでほしいのが出生証明書と母子手帳を受け取ることです。たいてい向こうからくれますが、向こうが忘れているようなら申し出ましょう。この2つはこの場ですぐもらわないとあとあと面倒なことになりますから、忘れずに受け取ってください。特に母子手帳はその後子供の定期健診の時に毎回使いますから、大切に保管し失くさないようにしましょう。

それから出産育児一時金や出産手当金を申請する方は、書類を記入することになります。これは残念ながら有料ですので詳しくはネットで料金を調べてみて下さい。非常に細かく説明されていますよ。

出生届

出生届は父母の本籍地・父母の所在地(住所地)・出生地のいずれかの市区町村役場へ14日以内に提出することになっています。知っていましたか。ちょっと忙しくバタバタしてしまう時期だと思いますが期限を守って余裕を持って行動するようにしましょう。けして、期限を過ぎてしまわないようにカレンダーにメモしておくなり、携帯にアラームをかけておくなりしておくことをお勧めします。もちろん14日を過ぎてしまってからでも出生届を出せますが、その際手続きがややこしくなりますので必ず14日、つまり2週間以内にやることをお勧めします。

保険

それから健康保険に加入もしなくてはいけません。これに関しては、勤務先で保険加入の手続きを行います。赤ちゃんが病院にかかる際に必要になりますので、できるだけ早く届け出るようにしましょう。それから色々とこの手続きには時間がかかりますから、時間に余裕を持って作業を進めていくといいでしょう。詳しくはそれぞれの勤務先で聞いてみてください。勤務先の総務のほうで教えてくれると思いますよ。

児童手当

児童手当というのもありますよ。知っていましたか。これはあなたのお住まいの地域によっても多少異なるのですが、この手当があると乳幼児の医療費を助成してもらえるという制度です。出生届を出す際に役所へ一緒に申請する場合が多いです。それが簡単なのでお勧めします。詳しくはそれぞれの役所へ聞いてみてください。地区によっても違うことがありえるし、また規制が変わることもあるので、役所で最新の情報を聞いてみるのが一番いいですよ。

出産手当金

出産手当金といういいものがありますよ。知っていましたか。これ正社員でなくてもアルバイトやパートでも受け取ることのできる手当金で、加入している保険組合から支給されます

仕事をしている女性は出産のために会社を休んだり、育児のために長期休暇をとらなければなりませんね。その間収入がなくて困るわけですから、それをサポートしてくれるお金が出るというわけなんです。通常、産前42日、多児の場合98日間休みを取ることができます。また、産後は56日休みを取ることができます。

出産手当の金額は、日給の3分の2×産休日数で計算されます。あなたも自分がどれくらいもらえるのか計算してみてください。これはせっかくもらえるんですから申請してもらっておかないと損ですよ。

まとめ

以上のように里帰り出産後の出生届などの手続きと注意点のまとめを書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。役立つ情報がありましたか。知っていることもあったでしょうけど、知らなかった新しい情報も1つや2つ、あったのではないでしょうか。

こ のような色々な書類を申請に行く際には、いつも印鑑や身分証明、また銀行口座番号などを持っていくようしましょう。たいていそれが必要になってきますか ら、初めから持っていくと楽ですよ。また分からないことがあったら先輩ママに聞いたり、自分の両親に聞いてみるのもいいでしょう。もちろんインターネット上でもさらに詳しい情報が得られたり、あなたの質問に答えてくれたりするサイトもあると思いますよ。ですから参考までにインターネットを使うのもいいで しょう。

こちらの記事を読んでいただいてわかったと思いますが、産後は本当にやることがいっぱいですね。自分の体調が完璧に回復していないのに、さらに生まれたばかりの赤ちゃんのお世話をしながらこのような手続きを全部一人で行うのは本当にストレスで大変なことだと思います。そんな時は、無理をせずにご主人に頼ったり、両親にお願いしたりして協力してやっていくといいでしょう。それからどうしても皆さんこれらのことを産後にやろうとしますが、実は出産前に準備できることもあるんですから、できることなら、少しでも出産前に準備しておくといいでしょう。少なくても情報集めくらいは事前にやっておくとやっておかないでは、かなり違ってきますよ。

無事全ての手続きができて、順調にいきますことを願っています。

教えて!里帰り出産後の出生届などの手続きと注意点のまとめと関連した記事をチェックしたい場合は、カルチャーのジャンルから探すことができます。

教えて!里帰り出産後の出生届などの手続きと注意点のまとめに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

教えて!里帰り出産後の出生届などの手続きと注意点のまとめ
教えて!里帰り出産後の出生届などの手続きと注意点のまとめ

トップに戻る