menu
シェア

倫理と道徳の違い

投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
倫理と道徳の違い

倫理と道徳という言葉はとても似ていますが、同じではありません。ある部分は同じなんですが、ニュアンスが違うんです。今回Hohoron.comのこちらの記事では、例や定義を紹介しながら倫理と道徳の違いについて説明していきます。

従う手順:
1

倫理社会での行動の規範と関係しています。例えば、 肉を食べたとしても、それは社会の規定を破ったわけではないので倫理的には正しいことです。

倫理と道徳の違い - ステップ1
2

一方道徳とは、人間の行動の規範です。例えば、社会は動物の狩りをしてもいいですが、一個人がそれをすると、動物の自由に反し、不道徳とみなされます。

倫理と道徳の違い - ステップ2
3

また道徳は人間の行動の基本的なもので、道徳的に、正しいか正しくないかのどちらかです。

倫理は規定や法律とも関係していて、それは人間として、社会として、許されている行動かどうかが問われています。

倫理と道徳の違い - ステップ3
4

倫理道徳どちらも、私たちの習慣や行いと関係していて、正しいか正しくないかに分けられます。

倫理と道徳の違い - ステップ4
5

大切な違いは、道徳は規則や行動の基準を問うのに対し、倫理は規則的にそれが正しいかを問うています。例えば、高校で勉強するのは、義務教育ですから、道徳です。しかし同時にそれは倫理であるとも言えます。教育はその人の将来のために大切だからです。

倫理と道徳の違い - ステップ5
6

つまり倫理とは行動について決められたもので、それは正しいか正しくないかのどちらかです。一方、道徳は基準を作り出し、その行いが正しいか正しくないかをきめるものです。

倫理と道徳の違い - ステップ6

倫理と道徳の違いと関連した記事をチェックしたい場合は、大学のジャンルから探すことができます。

の記事にコメントを書く

あなたは記事をどう思いましたか?

倫理と道徳の違い
71
倫理と道徳の違い

トップに戻る