シェア
シェア:

ジーザスの意味と使い方

ジーザスの意味と使い方

映画やドラマなどを見ていて「ジーザス」という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。何となく意味は分かるけど、ちゃんとした意味や使い方が知らない言葉ってあると思いますが、この「ジーザス」もその言葉の一つではないでしょうか?この「ジーザス」ですが、少し宗教的要素も含んでいる部分もあるので、使い方には注意しなければならない場面があるようです。今回は、意味と使い方についてお話ししていきたいと思います。

「ジーザス」の意味

そもそもこの「ジーザス」ですが、『Jesus(イエス・キリスト)』ということ、つまり『神』のことを示しています。日本人は無宗教派の人が多いかと思いますので、『神』というと少し取っ付きにくい言葉かもしれません。なかなか、『神』という意味を持つ「ジーザス」を使ったことのある人は少ないかと思います。しかし、英語圏の人は、時々使うこともあるようです。それゆえ、海外のドラマや映画、もしくは歌の歌詞などで耳にすることがあるのですね。この「神」という意味を持つジーザスを実際使うとどういった意味になるのでしょうか?

実際、「くそっ」「なんだよっ」「ちくしょう!」「このやろー」「なんてことだ!」など、否定的な感嘆詞として使われることが多いかもしれません。しかし、「なんてことなの!!」「なんて素敵なの!」と喜びを表現するときにもしばしば使われることもあります。いわゆる、喜びすぎて、神に感謝しているということですね。

「ジーザス」使用は注意

この「ジーザス」は前述通り「神」という意味なので、みだりに使うと「神への冒涜だ」と怒られてしまうかもしれません。というのも、キリスト教的には罰当たりな表現に当たるというのです。聖書の中には「みだりに神様の名前を口にしてはならない」と戒律があります。ですので、この「ジーザス」という表現や使う人を不快に思う人も仲にはいます。英会話教室で試しに「ジーザス」を使うのは避けた方が良いでしょう。その先生が、その言葉を不快に思う人であれば、「ふざけるな!」と怒られてしまうかもしれませんよ!

英語や外国の感覚が分かりづらい日本人には、そのさじ加減が掴みきれない場面も多いので、あまり使う場面はないかもしれません。というよりも、使わない方が無難でしょう。もちろん使っても怒られない、問題ない場面はあります。しかし、もともと「罰当たり」なスラング言葉ですね。このように、「ジーザス」は、キリスト教以外の宗教信者や日本人のような無神論者はほとんど使わない変わったスラングでしょう。

「ジーザス」を耳にする機会とは

では、使わないにしても、実際どのような場面で出くわす事が多い表現なのでしょうか?海外の人が使う場面をまとめてみました。

【オンライン上で】

ゲームは、「このやろう!」とか「くそっ」と思う場面がたくさんありますよね?たとえば、オンライン対戦ゲームなどで大ダメージを食らえば「ジーザス!(くそっ、まじかよ)」と言うプレイヤーがいるかもしれません。意外かもしれませんが、ネット掲示板ではゲームほど使用頻度は高くないかもしれません。それでも、ショッキングな事件のときには「オーマイゴッド」と並んで使われる表現かもしれません。

では、使わないにしても、実際どのような場面で出くわす事が多い表現なのでしょうか?海外の人が使う場面をまとめてみました。

【オンライン上で】

ゲームは、「このやろう!」とか「くそっ」と思う場面がたくさんありますよね?たとえば、オンライン対戦ゲームなどで大ダメージを食らえば「ジーザス!(くそっ、まじかよ)」と言うプレイヤーがいるかもしれません。意外かもしれませんが、ネット掲示板ではゲームほど使用頻度は高くないかもしれません。それでも、ショッキングな事件のときには「オーマイゴッド」と並んで使われる表現かもしれません。

【海外の日常生活で】

では、海外のドラマや映画にも出てくる日常生活で使われることも多いこの言葉ですが、実際どのような場面なのでしょうか?たとえば、仕事が終わって帰路についているときにミスに気付いて勤務先に戻らなくてはいけない場面は「ジーザス」でしょう。また、どうしても遅れてはいけない約束があるにも関わらず事故渋滞に巻き込まれてしまったら「ジーザス!」かもしれません。初めて行く場所で待ち合わせなのに、携帯電話を忘れて出掛けてしまったらそれも「ジーザス!」でしょう。このほかに、喜びに満ちているときや、喜びすぎて悲鳴をあげたくなるようなときも使うこともあります。10年来の友達と思いがけない場所で出くわしたら「ジーザス!」と叫びたくなるかもしれません。使う場面としては、同じ「神」を表す「オーマイゴッド」と同じと考えても良いでしょう。

「オーマイゴッド」であっても、「ジーザス」であっても、比較的リアクションの大きい人や感情表現が豊かな人に使われる表現なのかもしれませんね。

では、海外のドラマや映画にも出てくる日常生活で使われることも多いこの言葉ですが、実際どのような場面なのでしょうか?たとえば、仕事が終わって帰路についているときにミスに気付いて勤務先に戻らなくてはいけない場面は「ジーザス」でしょう。また、どうしても遅れてはいけない約束があるにも関わらず事故渋滞に巻き込まれてしまったら「ジーザス!」かもしれません。初めて行く場所で待ち合わせなのに、携帯電話を忘れて出掛けてしまったらそれも「ジーザス!」でしょう。このほかに、喜びに満ちているときや、喜びすぎて悲鳴をあげたくなるようなときも使うこともあります。10年来の友達と思いがけない場所で出くわしたら「ジーザス!」と叫びたくなるかもしれません。使う場面としては、同じ「神」を表す「オーマイゴッド」と同じと考えても良いでしょう。

「オーマイゴッド」であっても、「ジーザス」であっても、比較的リアクションの大きい人や感情表現が豊かな人に使われる表現なのかもしれませんね。

日本人が使うなら

さきほど、日本人はあまり使わない方が良いといいましたが、それでも使ってみたい人向けに、使う場面を考えてみました。

『場が思いっきり盛り上がっているところで使う!』これに限るでしょう。合コンや飲み会などで、罰ゲームに当たってしまったときなんて良いかもしれませんね。Twitterなどで、ショックなことがあったときにも使ってみても良いでしょう。「ジーザス・・・彼氏にフラれた~」などですね。しかし、英語圏の人がいるときには、あまり使わない方が良い表現かもしれません。また、スラング言葉なので、目上の人やかしこまった場面では使わないようにしましょうね!

まとめ

「ジーザス」は、「オーマイゴッド」より少しハードルの高いスラング言葉かもしれません。というのも、「オーマイゴッド」であれば、「ゴッド」をいう表現を避けるために「ゴッシュ」を代用して「オーマイゴッシュ(oh my gosh)」と使うことも可能です。まだまだ、日本人には聞きなれない表現ですが、海外のドラマなどで使われているときは注目してみると面白いですね。

ジーザスの意味と使い方のようなハウツー記事をもっと読む場合は「学習」のジャンルページからアクセスすることができます。.

関連記事
コメント (0)

ジーザスの意味と使い方の記事にコメントを書く

すごく役に立った

ジーザスの意味と使い方
ジーザスの意味と使い方