シェア

どうすればいいの?上司への退院祝いのオススメ

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
どうすればいいの?上司への退院祝いのオススメ

身近な人や友達が病気になり、入院し、手術をすることになった、なんて大切な出来事は生きていたら一度や二度はあることでしょう。実際、私もそんな場面が何度かありました。それが身近な家族や友達ではなく、会社の上司がそうなる場合もありますね。この場合やはりちょっと気を使いますよね。だってあなたの大切な会社の上司なんですから。その上司が手術も無事に終えて退院する時、どんなものを送ってあげたらいいのでしょうか。どんなことをしたら喜ばれるんでしょうか。そんな時、誰でも変なことをして恥をかきたくないですよね。でも上司への退院祝いなんて滅多にあることじゃないし、何をしたらいいのか不安でわからない人も多いと思います。そこでこちらの記事では、上司への退院祝いのオススメについてわかりやすく簡潔に説明しています。今上司が入院している人は是非読んでみてください。

画像:http://www.ringbell.co.jp/giftconcierge/2388

従う手順:
1

まず勘違いしやすいので説明しておきたいことがあります。それは「退院祝い」と「快気祝い」の違いです。皆さんはこの違いを知っていますか。どちらも同じものだと思っている人も多いのではないでしょうか。しかしながら実は違いがあるのです。

「退院祝い」とは誰か入院していた人に退院できたお祝いに送るお金やプレゼントのことです。元気になってよかったね、ますます元気に回復してね、などと願いを込めて送るものです。つまりこれは入院した側がするものではなく、周りの人がするものであるということを抑えておいて下さい。それとは逆に「快気祝い」というのは入院していた本人が周りの人に、今まで看病ありがとうや、お見舞いに来てくれてありがとう、などとお礼をすることなんです。ですから、入院していた人から送るということになりますね。つまり「退院祝い」と「快気祝い」は誰がやるのか、誰が送るのかが違いますから正しいこの知識を知っておいて下さい。

この記事で説明するのは「快気祝い」ではなく「退院祝い」なので周りの人が入院していた人に送るものであることをここでもう一度頭に入れておいてくださいね。

2

では具体的にその周りの人は上司の退院祝いに何を送ったらいいのでしょうか。それは色々なオプションがありますが、ここではいくつか紹介しますね。一番に皆さんが思いつくのは、お金、そう現金ではないでしょうか。確かにこれは昔からよく退院祝いとして送られてきたものです。お金を送るというのは最近ではちょっと抵抗があると感じて避ける人も増えてきましたが、もちろん現金を送ってもいいですよ。

気になる相場ですが大体3000円から10000円と考えていいでしょう。自分にとってどれくらい関係のある上司なのかにもよりますが、大体これくらいの金額がふさわしいと言えると思います。現金だとあまりにも直接すぎるので、現金の代わりにギフトカードや商品券などをあげる人もいるようです。あなたもこれを一案として考えてみてください。

3

それから退院祝いとしての定番のものはお花です。特に女性の上司ならほぼ絶対喜ばれるでしょう。男性の上司であっても奥さんがいる場合、または娘さんがいる場合、その人たちに喜んでもらえると思いますよ。しかし女性でもお花があまり好きじゃない人もいるので、そのことは知っておいてください。

ではどんなお花が喜ばれるのか、それが次に知りたいことですよね。まずは絶対にあげてはいけない花から教えておきましょう。それは何と言っても菊です。なぜだかわかりますか。それはお葬式の花だからです。菊をあげてしまったら、それは死を連想させてしまうのです。ですから決してあげてはいけません。くれぐれも気をつけてください。

じゃ、何の花をあげればいいのでしょうか。お花選びはいつも難しいですよね。そんな方は、花屋さんで相談してみればいいのです。「上司の退院祝いにお花を選びたいんだけど、何がいいですか」と聞けば、明るい元気付けるような花を選んでくれるでしょう。その時に、あわせてあなたの予算も花屋さんに伝えておくといいですよ。その予算内できれいな花束を包んでくれると思います。

4

他にも退院祝いにあげるといいオススメがありますよ。それは石鹸やシャンプーなどのセットです。これは日用品で毎日使うものですからもらったら喜ばれると思いますよ。特に女性の上司ならまず喜ぶこと間違いないでしょう。しかし男性の上司にあげてもいいのです。結婚している人なら奥さんにそれを渡して使ってもらえるだろうし、年頃の女の子がいる場合なら、その上司は娘にあげたりして喜ばれるのではないでしょうか。このように、使えるもの、つまり消耗品をあげるとそれは役立つものなので、きっと退院祝いとして喜ばれると思いますよ。

5

次に紹介したい退院祝いは食べ物です。食べ物は好き嫌いがあるので選ぶのはちょっと難しいと感じている方もいると思います。確かにそうですね。しかし無難な食べ物というのもありますよ。皆が誰もが好きそうな物を送ればいいのです。例えばりんご、なし、みかんなどのフルーツ、羊羹やせんべいなど、またはドライフルーツ、コーヒーなどもいいでしょう。選ぶ時に大切なのは日持ちするものを選ぶことです。賞味期限が1週間以内などすぐに来てしまうものはもらった側もちょっと困ってしまいます。ですから少なくとも賞味期限が1,2ヶ月あるようなものを選んで退院祝いとして渡してあげるのがいいでしょう。

またもう1つ選ぶ時に気をつけないといけないことがあります。それはその上司の健康を気遣い、その体調にあった食べ物をあげることです。例えば高血圧で、塩分を取りすぎてはいけないと医者から言われているような人に「いかの塩辛」や「韓国のり」など塩分たっぷりの製品を送ってしまっては「また入院してほしい」と無意識に言っているようなものです。それは絶対にしてはいけないことです。甘いものを控えないといけないような糖尿病の人には羊羹などはちょっと危険ですね。そのような健康上のことを加味した上でプレゼントする食べ物を選んでください。ちょっと難しいですがこれは非常に大切な点なので頭に入れておいてください。

6

最後にご紹介する退院祝いのプレゼントはシーツやタオルなどです。これも必ず皆が使うものなので家にたくさんあっても困らないものでしょう。ですから退院祝いとしてあげるにはふさわしいと言っていいと思います。しかしながら、ご家庭によってはもうたくさんシーツやタオルが山のようにあるから、これ以上いらないというご家庭もあることと思います。それが事前に分かっているならこのようなプレゼントはあげない方がいいと思いますが、なかなかそんな家庭の事情は分かりませんよね。ですから何気なく上司に聞いてみるとか、その上司のご家族に聞いてみるとか、そういう機会があればそうしてみてください。

7

以上のように上司の退院祝いに何をあげるべきかオススメを書いてきましたがいかがだったでしょうか。この中のどれかをあげておけば、まず間違いはないと思いますがその上司のお好みなどもあると思いますから、上司と話したり、あなた自身がよく考えて最終的に決めるといいでしょう。また上司のご家族と話したりして、さりげなくどんな趣味があるのか聞き出してそれに合ったプレゼントを選ぶといいでしょう。最後になりましたがプレゼントを渡す時、一言でいいですから短い手紙なんかをつけておくとさらに喜ばれますよ。こうした小さな心遣いをお忘れなく。

どうすればいいの?上司への退院祝いのオススメと関連した記事をチェックしたい場合は、カルチャーのジャンルから探すことができます。

どうすればいいの?上司への退院祝いのオススメに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

どうすればいいの?上司への退院祝いのオススメ
どうすればいいの?上司への退院祝いのオススメ

トップに戻る