シェア

「関わる」と「係わる」の違いと使い分け

 
投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 16 1月 2017
「関わる」と「係わる」の違いと使い分け

「関わる」というのはよく使う機会が多くても、「係わる」という漢字を常用している人は少ないのではないでしょうか?「かかわる」という言葉自体は、非常にポピュラーで使う機会の多い言葉なのですが、なぜ「係わる」という漢字も表現されているのでしょうか?それは、当然意味に違いがあるからですね。今回は「関わる」と「係わる」の意味の違いや使い分けについて詳しくみていきたいと思います。知っておけば、大人として恥ずかしくない感じの使い方ができるでしょう。

参照元:advicenow.org.uk

「関わる」と「係わる」意味の違い

結論から先に言ってしまうと『関わる』も『係わる』も、「関係する」という意味で使うには、どちらも使えてしまいます。これでは元も子もないですが、実情としては本当です。ただし、若干ニュアンスがちがいます。そのニュアンスを知るためには、漢字の意味を双方見てみたいと思います。

「関わる」

  1. かんぬき。門を閉める時に門を開けないようにするための横棒のこと。
  2. せき。ダムをとめたり、通行人を止めて税を取ったりするところ。
  3. かかわる。物をつなぐ。
  4. かんけいする。
  5. ~についての意味。

「つなげて止める」「関係する」という意味をもち、語源としては、「がっちりつながっている」という意味合いが分かるかと思います。

「係わる」

  1. かける。ひもでつなぐ。
  2. かかる。つながりを持つ。
  3. ずるずるとつながっている状態
  4. このような、~である状態

「係」も「つながりを持つ」という意味では、同じような意味を持ちます。しかし、「関わる」よりも少しつながっている感が弱く、どちらかといえば「関係がしっかりある」というよりは、「なんとなくつながってます!」というイメージを持っているように思います。

使い分け

ニュアンスの問題になってしまいますが、例えば、「命にかかわる問題」なんて場合は、命と問題が強いつながりを持っているので、「関わる」を使うのがベターでしょう。その一方で、「私もその研究にかかわる」という場合は、「係わる」の方が適切なように思います。この場合は、研究にひも付いているイメージがあるので「係わる」の方が適しているでしょう。

また、人と人とのつながりについてであったり、人へ働きかけるような意味として使う場合も、「係わる」という表現を使うようです。どちらかというと、やわらかいイメージの「係わる」が適しているということでしょう。一概には言えませんが、ここで「関わる」を使ってしまうと一方的に感じてしまうため「係わる」が適しているのです。

つまり、コミュニケーションについてであったり、寄り添う関係の意味として使う場合は、「係わる」という漢字として表現するのが良いかもしれません。

実はどちらも「常用漢字」ではない?

「関」「係」のどちらの漢字も私たちとしてはさして珍しい感じではないと思います。なので、意外かもしれませんが、実は、「関わる」も「係わる」どちらも常用漢字ではないのです。なので、公的な文章には使うことができません。いわゆる、公文書・教科書・報道文書などでは使えないということなのです。

もし、私的な電子メールや手紙であれば、前述したような漢字の意味の違いを理解して、自分のイメージと合う方を使っても大丈夫です。おさえておくべきポイントは、公文書や、学校のプリントなどで使う場合は、「関係する」という意味で「関わる」「係わる」のどちらも使えないということです。その場合の最強の「解決方法」は、平仮名です。

まとめ

「係わる」は、使う機会が限られているので常用漢字ではない感じがしましたが、「関わる」までも常用ではないのには、驚いた人も少なくないのではないでしょうか?今回、わかったことは公的な文章では、平仮名の使用が推奨されるということでしょう。また、「係わる」というのはニュアンス的には、ゆるいつながりや寄り添う関係性のときに使われる表現という事でしょう。ビジネス上で使う際にも、相手に不快に思われないような適切な日本語を使っていきたいですね。

参照元:suggest-keywords.com

「関わる」と「係わる」の違いと使い分け - まとめ

「関わる」と「係わる」の違いと使い分けと関連した記事をチェックしたい場合は、学習のジャンルから探すことができます。

「関わる」と「係わる」の違いと使い分けに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

「関わる」と「係わる」の違いと使い分け
21
「関わる」と「係わる」の違いと使い分け

トップに戻る