シェア

「怖い」と「恐い」の違いと使い分け

 
投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 16 1月 2017
「怖い」と「恐い」の違いと使い分け

日本語は非常に奥が深く、同じ読み方をしても違う意味を成してしまったり、使う用途が違ったりと複雑です。さて、そんな中、「こわい」という言葉について皆さんは漢字の使い分けをしているでしょうか?「そんなことしたことない!」という人もいるかもしれません。「こわい」には『怖い』と『恐い』という漢字があります。これらには何か特別に使い分けをする意図が含まれているのでしょうか?今回はこのことについてお話ししていきたいと思います。

参照元:newtimes.co.rw

どんな時に「こわい」を使う?2つの「こわい」の意味

みなさんも、これまでの人生で「お化けがこわい」や、「学校の先生がこわい」など、だれでも1度は使ったことの

ある言葉でしょう。今は「こわい」ものなんてなくても、きっと子供の頃は「こわい」ものは一つくらいはあったと思います。

さて、『怖い』と『恐い』の意味はなんでしょうか?実はどちらも同じなのです。

  • それに近づくと危害を加えられそうで不安である。
  • 悪い結果がでるのではないかと不安で避けたい気持ちである。
  • 不思議な能力がありそうで不気味である。

両方の漢字『怖い』と『恐い』どちらも同じ意味をあらわします。では、「何で漢字が違うのだ?」と思うかもしれません。この2つの違いというのは、ズバリ「常用漢字」かどうか、という点です。

常用漢字というのは日本政府が選定した現代日本語を書く場合に目安となる漢字で、新聞や雑誌、学校教育、放送で使われ、正式な書類を書く時も常用漢字になります。なので、「怖い」という文字を新聞などで見かけることはあっても、「怖い」はないでしょう。このように常用漢字を定めている意味は、日本では同じ読み方、同じ意味の漢字がたくさんあって、どれを使ったら良いか混乱しないために存在しているようです。

実は「こわい」の使い分けをしている説もある!?

たった今、『怖い』と『恐い』は常用漢字かどうかの違いだけと言いましたが、それ以外の使い分けをしている人もいるようです。これは、辞書に載っているものではないので、本当に個人の自由になるので、参考までにお話ししておきます。

そんな違いでしょうか?それは、「主観的かどうか」です。主観的というのは、自分の意見・思っていることや思い込みについてで、それに対して、客観的は他の誰もが同意できる意見や感想のことを指しますね。

なので、非常に一般的な考え方ですが、『怖い』は主観的で自分がある対象物を「怖がっている」という意味なります。一方、『恐い』は客観的で誰もがその対象物を「恐い」という意味になります。

その他の説もあります。『恐い(こわい)』は「恐ろしい(おそろしい)」と使うので、『恐い』はこれから起こることがイメージできなかったり、未知な物に使うと言っている人もいます。そして、『怖い』はある程度予想することができる「こわい」という時に使うという違いもあるようです。

「こわい」の使い分け

『怖い』と『恐い』の使い分けは「主観的かどうか」と言いましたが、どのように使い分けていくのでしょうか?

※例文※

①大きい地震は「こわい」

大きい地震は怖い=「自分が地震を怖がっている」という意味

大きい地震は恐い=「地震は恐い対象で、それはみんな怖いだろうと思う」意味

②あの遊園地のお化け屋敷は「こわい」

あの遊園地のお化け屋敷は怖い=「自分があのお化け屋敷を怖い」と思っているという意味

あの遊園地のお化け屋敷は恐い=「お化け屋敷自体がみんなにとってこわい対象だろうと思う」という意味

まとめ

実際に辞書に書かれておらず、なにも定められていなくても、漢字にはそれぞれが与えるイメージがあります。また他の慣用句などで、持つ印象などもあるでしょう。それを個人によって解釈する意味が違うので、それを使い分けの基準として考えている場合もあるようですね。とはいえ、本来は使い分ける必要はありません。どちらを使うかまよったときは、「怖い」を使っておけば間違いないのは事実です。逆に言えば「恐い」を使うときは、その表現者が何かしらの意図があると考えてもよいかもしれませんね。

参照元:hexjam.com

「怖い」と「恐い」の違いと使い分け - まとめ

「怖い」と「恐い」の違いと使い分けと関連した記事をチェックしたい場合は、学習のジャンルから探すことができます。

「怖い」と「恐い」の違いと使い分けに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

「怖い」と「恐い」の違いと使い分け
21
「怖い」と「恐い」の違いと使い分け

トップに戻る